今さらながらであるがMacデリバリーである。自由が制限されている時はあんなに食べたかったMacだが、いざいつでも食べられるとなるとありがたみは薄い。だが本当はそれこそが幸せ。